スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫:妻の家事育児バランスの最適解はどこだ!?其の1

NPO法人tadaima!!さんが主催の
 夫:妻の家事育児バランスの最適解はどこか?
 ~100人のヒアリングから見えた夫婦の絆~
というセミナーに行ってきました。

NPO法人tadaima!!さんについては
http://npotadaima.com/
で調べてちょ。

セミナーの目的
 「家族全員にとっての居心地の良い家庭」の土台に夫婦のパートナーシップが必要。
 夫婦が協力して家事を分担し、夫婦の信頼関係をより強固なものとする
         ↓
セミナー参加者の家事の分担についての現状を把握してかつ理想に近づくためのアクションを
理解する

で、セミナーの内容全部のっけるんは大変なんで馬のフムフムポイントをのせます。
まず、夫婦でこの表を埋めて行きます。今回のセミナー、馬は一人で行ったけど
ご夫婦で参加されてるところもありました。
もうこういうのに夫婦で参加してくれる旦那さんって時点でもうすごくね...?と
思った...orz


最適解



家に帰って旦那に資料見せつつ説明しようとしたところ、
「オレ、けっこうやってるじゃん♥」
「ンポってなんや」(NPOの事らしい)
と色々話はぐらかされた。


で、これはしっかり腰を据えて表を埋めないといけないと思い、旦那さんの
機嫌を伺いつつ一度話合います。
話し合ったのちに其の2としてまたブログにアップする予定でおま。

ではでは
スポンサーサイト

うまんが 女子のたしなみ 

うまんが 「i phoneのSiriさん」

女性の生き方デザイン学 第3回

Evernote 20120401 00-58-58

毎回この講座を受けると胸アツ帰宅の馬御前です。

自由大3 

本日はものっそ忙しい会社で営業をされてた方で、その部署で
初の出産、ママさん第一号となられた方がゲスト講師でした。
更にこの講師の方は、仕事、子育て更にこういう女性の生き方デザイン学
で講師をするなどメイン講師の堀江先生の事業のボランティアもされています。

私も今の会社で今のところ育休とかとった人はまだいないので楽しみにしてました。
楽しみすぎて事前に質問したい事等も準備して挑んだ。

今回のふむふむポイントは

産休に入るまえに意識しておくこと
・引き継ぎはしっかりと(コレは大事よね!)
・人間関係
 子供の病気で急に休むことになっても、○○さんのためならフォロー
 しょうと思える関係性
・細かい業務改善
 社内をよくするための提案
・具体的にどうしてこうなるかを説明できるスキルを蓄える
 問題とか課題の上っ面の対処法だけではなく、なぜこういう対処法に
 なったかの背景、理由まで詳しく伝える。
 そういった事をめんどくさがらずに伝える事で、後々の人が対応する時
 その人、本人で考えて行動出来るようになる。
 で、良い事聞いたんだけど
「制限を持ってる人(時短勤務の人など)の声を聞くと会社にとって良い環境に
 なっていく」
 とのこと。確かに制限無く働く人より制限のある人のほうが自分のパフォーマンスを
 いかに制限内で行うか、を常に考えてるから会社の環境にとっても良い意見を
 持っていそうだ。


あと。
 人によっては子育てが忙しすぎるからとてもじゃないけど仕事復帰出来ない、
 という人(実際に仕事復帰をしようともしない人も多い!)が多いのですが、
 大丈夫でしょうか?いう質問に
 「子育ては思った程、大変じゃなかったです」
 とあっけらかんとお話されました。

 子育てが忙しくていっぱいいっぱい、仕事なんてムリ!という人は
 多いのですが講師の方の意見として
・まだその人がやりたい!!って事を見つけていないのでは?
 すごくやりたい事が無い、またはやりたい事が子育てだけだと、
 子育てだけが忙しいと思えてしまうのではないか。

・あと、日本人のランキング好き、平均好き、というのも影響しているのではないか?
 育児本のランキングの高い本、育児本にある子供のこの時期には平均的に○○出来ている、とか
 そういったものに影響され過ぎるから平均と比べて出来ていないと不安になり無理に
 出来るようになるまで頑張ってしまう...
 そうなると一人でご飯たべられないからとか、トイレがまだ出来てないから...と
 面倒をみようとお母さん本人の本当にやりたい事が出来なくなる...など

 もっと周りのランキングや平均に惑わされず
 自分の思い、自分の信念にフォーカスすべきなんではないかと。



 これには馬もウウム...と思った...
 子育て問わず、これは何に関してもそうなんではないか。

 前回のブログで私は石橋を叩きまくって進むと書きましたが。
 私は周りの情報、ランキング、平均にスゴく影響されるタイプ
 それがいいか悪いかおいといて、とにかく普通に無難に過ごしたい!
 という考えが強いため、普通じゃないと落ち込んだりモンモンとしてしまう。
 自分が何かする、という時は自分が普通以上に出来そうな事を自然と選ぶから
 自分が普通以下のパフォーマンスしか出来ない、と自信がないものは最初から
 やらなかったりして..
 けっこうコレがジレンマになってて思い悩む事も多々。
 
 で、わたしもこの方のように
 自分の思い、自分の信念にフォーカスすべきなんではないか!

 わりと自分の信念が「普通、平均」を追い求めるタイプの私ですが...
 でも、もうすこし自分の信念考えでみよう。
 面白い事大好き馬ちゃんじゃないか、私。


そして最後に。
 子育て、家事、仕事と忙しいのにさらにボランティアまでされて何で
 そこまで行動的になれるの?という質問に
 
 自分の家事育児と自分の仕事のみの生活の時よりこういう事をしている今は
 豊かさのある毎日とおもってます。
 大変なのは大変だけど、豊かさのある生活を送りたい
 と、答えられました。

 豊かさ!!! 

 私はこの言葉ではっとしました。
 私は仕事と家事と淡々と生きてきましたが。
 さらに育児が今後追加されたらほんとにてんやわんやになっちゃって
 いろいろが大変でそれこそ「忙殺」されるだろうと覚悟をしてました。
 というか覚悟を決めるためにこの講座受けたようなもんと言うか...

 でも、この講師の方は今、「豊かである」とおっしゃっている。
 
 こんなに忙しいのに豊か、それはこの方がやるべき事をこなしつつやりたい事をやっているから。

 .........................深い.........!

 

今回の講義、ものっそ実りある講義でした(涙目)。自分の考え方を振り返るきっかけにも
なったし、今までの私では出来なかった考え方を持ってる方が、こんなにイキイキされている

後、人生に「豊かさ」を持ちたいな。と。

 ではでは


Evernote 20120401 00-58-58



実録!料理ストックデー1

めっさ仕事忙しい人って家でご飯どうされますかね?

馬が独身の一人暮らしの時などは仕事で帰りがおそかったら
適当にカップ麺や菓子パンで済ませてOKでした
でも結婚したら旦那さんが割としっかり夕飯はご飯におかず(二品希望)を食べる人で
それまで夕飯にパンやら麺やら簡単なものばっかりだった馬はそれに
合わせなくてはいけなくなりまして...にくらしい。

スーパー定時で帰っても8時くらいに馬小屋着なため、
それから簡単であっても炒め物とか作るのはめんどくさい...
それになかなかスーパー定時なんて無いからどうしよ...と思ってましたが
苦肉の策で考えたのがコレ。

「土日に作り置きして平日解凍、レンチンで食べる」

土日は割としっかり取れるため、土日休みのうち1日を作り置き大量ストックの日にする。
その日の前日にストックする食材のラインナップを料理本で調べて
買いに行くものを決める
朝近所の安いスーパーに買い出し
大量生産
タッパー系にくるむ
1~2週間それをちびちび使っていく

ということをしています。

実際平日は馬家の炊飯器はタイマー付きなんで朝炊飯器の予約して
その日食べるおかずを冷凍庫から冷蔵庫に移動させておく
そうすると家に着いたらご飯は炊けてる、おかずはレンチンのみのため
わりとご飯を家で食べられるようになった。
(ついでにお弁当も作っておく。)


本気の残業続き(帰りが22時23時とか)だとコレでもきついけど大体9時前に帰って
これたらご飯が炊けてるからなんとか家で食べようという気になる。

その実録まとめを次回ストックデーの後にまたブログにアップします。

まあ見ててくださいよ。
ずぼらな人でも今後の楽さとその作り方の簡単さにへーって思うかもしれないですぜ?

ではでは~







女性の生き方デザイン学 第2回

Evernote 20120401 00-58-58
本日は女性の生き方デザイン学 第2回目

今回は妊娠、出産を経て復職、更にそこを退職され新しい事業を起こされた方がゲスト講師でした。
上の文章を見るとどんな強者よ...と思うかもしれないけど、
ほんわかとした雰囲気の方で癒し系な感じでした。
で、仕事に家庭にとエンジョイしてキラキラしてる感じ...

前回、宿題として今後の自分の仕事、育児についての未来の予定を考えてこいというのがあり、
まずは全員の宿題の発表
私は何年後に~子供産んで~何年に~職場復帰して~何年に~マンション買って~と
つらつら予定を発表していったんですが、他の方々は何年に何を、とはざっくりでも、
子供を育てる上の教育方針とか仕事のやりがいの追求とか深く考えていらっしゃりまして、
あ~私薄っぺらい....orzとへこんだ。
講師の先生がズン子さんは今後をはっきり決めてあるんだよとフォローしてくださったけど...

で、ゲスト講師の先生の話が始まる。

私のふむふむポイントとしては
・出産後の職場復帰に関して
 ・子供はいつまでも赤ちゃんじゃない。
  子供が小さいときにはずっと母親がついていたいところだけどそれはほんの一時期。
  ずーっと子供にしか関心の無い母親は子供にとって重荷になることも。
  子供と対等であるためにも働いていたほうが良い

・せっかく職場復帰したのに退職して自分で事業を立ち上げるなんて、
 不安はなかったんですか?という質問に
 ・私(講師の方)はわりと変化を恐れないタイプ
  あっけらかんと、変化する事に飛び込んでいって、
  まずい事になってきたら何とかする、と話されてた。 

・旦那さんとのコミュニケーションの取り方
自分のやりたい事とかやろうとするとどうしても旦那さんの協力が必要になってくる。
そのため旦那さんとのコミュニケは大事、って話の時に、
なかなか旦那さんはテレビを見たりしてて、真面目な話をなかなかしてくれない(;;)という
質問がありました。
それにはどなたかが旦那さんと一緒に風呂はいるだよ!
風呂だったらテレビも携帯も持ち込めない!と。

 
おおぅ...
私はけっこう普段はバカな事ばっかり考えてるんだけど、いざライフイベントの変更
(結婚、出産等)、となると超慎重、
石橋たたきまくりで確実、堅実なものじゃないと心配タイプなんだけど講師の方の働きかた、
生き方を見てるとこういう人生も楽しそうだなぁ...と素直に思いました。
変化を恐れない、というか講師の方はむしろ楽しんでいるみたい...

で、旦那コミュの件ですが
私の旦那さんもテレビ大好き、
朝起きた瞬間から寝る瞬間までテレビ付けっぱなし
まあ、私のつまらん話聞かないわよね。と思ってた位だからすごく納得。
テレビ無い空間に脱出やと家に帰ってから旦那さんに報告したら
「うちの風呂狭すぎて入らんやん。」
との事。そうや...一人でもえらい身体折り畳んで入ってるわ。
自由大2 


考えあぐねたあげく、ウォーキングに連れ出す事にしました。
万歩計も稼げるしね。


ではでは

Evernote 20120401 00-58-58

日経WOMAN 4月号

今月の日経WOMAN
表紙の人は吉高由里子さん。最近だんなさんのお気に入りの女優さんですね。

特集としては
「きちんと伝わる!美しい日本語」
「一生もののスキル&勉強法」
「働く女性のバッグの中身」

この中でとくに面白かったのは働く女性のバッグの中身
危機管理アドバイザーの人のカバンページ

今日一昨日と朝方に地震が来て起こされた事もあってマジびびってます。
危機管理アドバイザーってお仕事初めて聞いたけど、今の時代、必要な人材よね。
是非うちの会社にきてアドバイスして欲しいくらい...

・煙や有毒ガスを頭から被って防ぐ防煙カバー
・携帯の充電器
・携帯トイレ
・マスク 
持ち歩かないにしても会社に置いておこうと思います。
あとこの人、カバンの中身をなるべく赤系で統一しているっぽいから、
中身があんまりごちゃごちゃして見えない。こういうの良いなあ思います。

次に日経WOMANと三越がコラボしたお仕事バック

防水タイプな上、軽いときてます。
うーむ。ほしい。買うとしたら...茶色か。


ではでは。

ベルサイユの万歩計 episode4

ベルばら万歩計を使い始めて二週間目。
今週は前の日はいたズボンのポケットに入れっぱなしで万歩計を2日忘れるというアクシデントがありつつ
第9話まで進みました。

一日平均5000歩くらいをキープしております。
人間一日平均10000歩をキープするのが良いとされます。
半分しか歩いてません...orz

とりあえず毎回話書くのはちょっとめんどいので、今回からとばします。
ざっくり言えばオスカルの周りでごたごた起きてる感じです。
最近家に貧乏な子を迎え入れていました。

ではまた思いついたときに進捗連絡させて頂きます。☆(・ω<)


日経WOMAN 3月号

日経WOMANを愛読してかれこれ2~3年。

雑誌は美容院で読むからあんまり買わない派の馬もこれだけは買う、という雑誌です。
ま、これを美容院で見た事は無い。

最初、日経WOMANってビジネスビジネスしてる感じでバリキャリの人専用の
本だと思っていたんだけど、そんな事ない、私くらいの女性の身近な話題を
メインにどの記事も面白く読めます。

4月号が今日発売日だから急いで3月号の事を残しとこうと思います。

表紙の人は松崎奈緒さん
ゲゲゲの人ですね。

メイン特集が「折れない心、しなやかな身体」

「落ち込み」「イライラ」「プチ不調」にさよならしましょ、という特集。

私はあんまり怒ったりイライラする事が無く、そのかわり、落ち込みやすくクヨクヨする
事が多いです。なんでクヨクヨした時の気持ちの入れ替えるレッスン、というページが
私的に良かった。

毎日やれば変わる幸せ脳になる七つの習慣
1 朝の光を浴びる 脳内ホルモンのセニトロンが活性化でグー!
2 よく噛む これもセニトロンに良いみたい。
3 朝晩2回意識を集中してリズム運動 くれぐれも無理せず気持ちいいと感じる程度で終わらせる
4 座禅の複式呼吸 周りに人がいる場合は心のなかで「はー」とか言う
5 仕事帰りに友人や仲間と食事や飲みに行く
6 仕事帰りにマッサージ
7 ダイズ製品、乳製品、バナナ食べる

1、うんうん、満員電車から降りてから太陽の日に当たるとちょっとホッとする。
2、3、4うん、覚えてたらやるよ。
5、6はそりゃ幸せになりますとも!あと、
7のダイズ製品。確かに豆乳飲むとまろやかな気分になるわ。

で、更にどうしてもネガティブな思考から抜け出せない日は
「嫌だった事を書き出す」

何が嫌だったか、なぜ嫌だったか、どうしてそうなったかと
とことんさかのぼる事で自然に冷静になり自分を客観的に見れる。

たしかになぜそうなったかまで書き出すと、感性で生きる私でも
書面にする事で理論的に考える必要がある。 

今回の日経WOMANはこの記事が良かったなあ。

女性の生き方デザイン学 第1回

Evernote 20120401 00-58-58
自由大学の女性の生き方デザイン学というものを勉強しに行く事にしました。

http://www.freedom-univ.com/lecture/detail760.html

現在働きつつ奥様業の馬ですが仕事の状況等しっかり考えてから
のちのち何年か後は子供を産んでみたい、でも仕事は続けたい。
しかし続けられるかしらと
日々思い悩んでる馬になんとまあマッチした講座なの!?と。
将来のために勉強しに行く事にしました。



Evernote 20120317 18:28:33


前小学校だったところを改築して出来たところでした。
水道とか小学校ぽい作りで(まあ元小学校だしな...)ときめいた。


それで昨日が第一回目、知らない人がいっぱいいるところへ思い切ってダイブ。
一回目の内容としては

・学生さんの自己紹介・この講座を取った理由等コメント(学生さんは全部で12名、全員女性)

・講師の先生の自己紹介

・今後の授業の概要説明

・みんなでランチ(懇親会的な...)
でした。

目的が明確な講座のため、自己紹介を聞いていると年齢、
既婚者、彼氏がいる人、フリーの人様々であるけど(大学生さんから30代くらい)
そこにいる全員、同じような悩みを持つ人ばかり。
自己紹介の時点で自分の職歴、現在の状況、今後の心配要素等、けっこう
ぶっちゃけて話す人ばかりで、講師の先生の人柄もあり初回なのにすぐ盛り上がっていた。


メイン講師の方は堀江由香里さんという、NPO法人で事業を立ち上げていらっしゃる方です。
詳しくはこちらで調べてちょ

堀江さんの事業のホムペ
http://arrowarrow.org/top.html

堀江さんが特集されてるホムペ
http://greenz.jp/2011/07/19/arrowarrow/


気さくな姉さんって感じの人です。バリバリ仕事もされてるけど面白いもの好きで女子にモテる感じ...

で、今後の授業としては
色んな人生の先輩的な女性を毎回ゲスト講師として招き、色々な生き方があるのだと学びます。
女性の生き方が今まで割とワンパターン 就職→結婚・出産を機に退職(アンケートで66.5%の人が
辞めるんだそう)だけど世の中には色んな生き方がある事を知り、選択肢を知り、
知らないがための不安を取り除くという。

具体的に
①出産後に自分で事業を立ち上げた人
②出産後働く人がいなかった会社でワーキングマザー第一号となった人(しかも忙しい部署のまま)
③専業主婦時代を生かして仕事を生み出してきた人
④専業主婦の人向けの仕事を作っていく人

①②も興味だけど、③④のような内容もすごい興味。
子育て続けていきつつずーっとバリバリ働けると言い切れない...。
専業主婦になる事も長い人生あるかもしれない、
でも基本的に何かしら働きたいから社会復帰できなくなったら
困るわ...と思ってたけど
その専業主婦時代での知識技術をしっかり生かして仕事を作っている人もいるんだと
いうことを知り、色々な学びがありそう。とわくわくしました。

またこのブログで感想書いていこうかと思います。
自由大1 

ではでは

Evernote 20120401 00-58-58

ベルサイユの万歩計 episode3

で、1週間続けてみました。
今週は毎日9時くらいまで残業だったんであまり歩く機会が
無かったけど、大体毎日6000歩くらい歩いているっぽい。
以外と歩いてるな。トイレ近いから社内うろうろするからか。
今週は第一話から第四話まですすんでます

第一話がアンドレとオスカルの出会い。
オスカルは事情あって女子だけど男子のように育てられます。
アンドレと切磋琢磨して強くなります。
IMG_0134.jpg
オスカルうるわしいね

第二話がオスカルとマリーアントワネットとの出会い
オスカルはマリーアントワネットというフランスの王妃様の
ボディーガード的なものに就職します。

第三話はマリーアントワネットのわがままにオスカル達は翻弄されます。
マリーはおしのびで仮面舞踏会に行きたいから、護衛せよと。
その場でマリーはフェルゼンゆうイケメンと出会います。
IMG_0149.jpg
マリー仮面モード

第四話はまたマリーのわがままにオスカル達は翻弄されてます。
マリーはおしのびで馬に乗りたいと。
でもうっかりマリーの乗った馬が暴れ出し、何とか救出したものの
マリーはちょっと怪我したためなぜかアンドレが罪を負うはめに...
でもオスカルやフェルゼンが必死に助けたって!と王様に請い
マリーも「私が悪かった...」と訴えたためアンドレは助かったという。
IMG_0164.jpg

第五話はフェルゼン国に帰ってマリーさみしい。

第六話はマリーは遊びたい放題、オスカルしっかりしろやと忠告

2~3年前にベルばら読んだけど詳細が思い出されて面白い。
ちんけなセグ画面だぜとバカにしてたらびっくり、キャラの顔も色んなバージョンあるし、
物語の所々に馬車が走るなど、アニメーションも織り交ぜられている。音楽も
それっぽい音するし、元が4700円なだけあるかもしれない。

Pagination

Utility

プロフィール

うまのじゅんこ

Author:うまのじゅんこ
ようこそ、うまうまライフへ!
訪問ありがとうございます!
最近はごはんの話をツラツラとつづっています。
ええ歳してあんまり料理が上手くないので研究しつつ。
→もっと詳しく

ブログランキングと村

プリーズ•ポチリ•ミー
よろしくおねがいします<(_ _)>

転勤族引っ越し企画もくじページご案内

3月までの転勤族の引越し企画の もくじページに飛びます。

賃貸ぐらしのウマエッティ もくじページ

Twitter(更新報告など。フォローミー)

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。